hon-nomushi’s blog

読んだ本、大好きな本、そして時々生活のつれづれ

後片付けもかんたん 白崎裕子『かんたんお菓子』

f:id:hon-nomushi:20170314080407j:image

ぼんやり、のんびりな梅雨。梅雨はいつも苦手です。気が付いたら更新が滞っていました。今日は気を取り直しておいしいものが簡単に作れる、素敵な本をご紹介します。

 

先日なんちゃってチーズケーキタルトを作りました。とはいっても、中身にチーズは一切入っていません。生地はこの白崎裕子さんのレシピから。こちらはバターや乳製品不使用。

タルト生地はハードルが高く、時間がかかりそうなイメージですが、本を見ると作るのは15分ほど、とあります。ほんとかなあ、とタイマーで測ってみたのですが、計量も含めて15分でできました!

 

何となくお菓子作りはハードルが高そうなイメージ。その原因は、材料をそろえたり、後片付けのことを考えて、ではないでしょうか。その点この白崎さんの本は本当によくできていて、家にある菜種油や豆乳などを使うので、材料は簡単にそろえられます。

 

そして一番は、片づけが楽なのです。バターのついたネトネトを洗うのはしんどいけれど、乳製品や卵がないのでさらっときれいになります。さらにコツは、お菓子をオーブンに入れている間に使ったボウルを洗ってしまい、熱の出ているオーブンの上に使った器具を置くこと。乾燥器にかけるまでもありません。出来上がった頃には片づけが終わっているので、のんびりおやつタイムが過ごせるのです。

 

お菓子作りに苦手なイメージがある方にこそぜひ、アレルギーではなくても、バター卵なしお菓子を試してみる価値があります!

マンスリーを家計簿に 浅倉ユキ『あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術』×藍玉『まずは、書いてみる』

しばらくご無沙汰していました。更新のない間もチェックをしていただき、ありがとうございます。ブログの構想を練っていました。

 

そんな考え事のとき、本当に頼りになる私の相棒がスケジュール×ノート×その他モロモロ…が一冊に納まったあな吉手帳!行き場のないとりとめのない考えも、このノートに書き出すことですっきり。生活になくてはならない大切なノートに育ちました。

(あな吉手帳についてはこちら)

スキマ時間を目に見える形に 浅倉ユキ『あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術』 - hon-nomushi’s blog

 

そんな相棒手帳にさらなる機能を追加。こちら(↓)の本で、「マンスリーを家計簿に」というアイディアがあったので、やってみました。

書く効能 藍玉『まずは、書いてみる』 - hon-nomushi’s blog

 

f:id:hon-nomushi:20170613153743j:image

 

去年準備した手帳がノートタイプだったので、好きなページに貼れるようマンスリーシールを購入していました。それを家計簿ページにはっただけ。あとは使った金額やものをちょこっとメモ。週ごとの集計もできるように、片側を少し開けて。

 

使い勝手が良いところは、カレンダーで管理することで自分の体調とリンクできること。月に一度の生理前は特に物欲が増すわたし。そのとき買ったものは衝動買いだったりして、あとから後悔することが多かったのです。

 

そこで危ない時期はあらかじめマーカーで印をつけておくことで、衝動がきたときに「この時期を終えてからもう一度考えよう」と、冷却期間を作ることができるようになりました。

 

こうして見直してみたら、月の中でお金をつかいたくなる時期がわりと決まっていることがわかりました。お金の使い方と体調をリンクさせて考えるので、「今、ものを買いたい時期にいる」と知るだけで、不思議と冷静になることができます。

 

人間なので、気持ちにリズムがあるのは当たり前のこと。そのゆらぎを必ずあるものとして素直に認めることで、かえって冷静に自分の気持ちとお金の使い方を見られるようになりました。

米粉の本研究はじめ 大塚せつ子『白神こだま酵母のお米パン』

 

f:id:hon-nomushi:20170530102658j:image

パンを家で焼くことにあこがれがありますので、本を持っています。でもいつも眺めているだけでなかなか作りませんでした。というのは、大好きなのですがパンを食べすぎると調子が悪くなるから…。以前この本を読んだ時も、小麦は食べすぎないほうがいいなと思ったのです。

 

hon-nomushi.hatenablog.com

 

深刻なアレルギーがあるわけではないのですが、小麦のパンを食べるとなぜか胃が持たれたり食べすぎてしまうことが多くて、手作りするならからだに負担のないものがいいなとずっと探していました。そこで思いついたのが大好きなお米の粉!米粉を使った料理についてしばらく調べてみようと思い立ち、このカテゴリーを作りました。

 

もともと米粉にはまったきっかけは、天ぷらや唐揚げ料理の時。米粉を使ったほうがからりとするので、いつの間にか小麦を使わなくなっていました。米粉なら地産地消にも貢献できますし、もっと米粉を活用したいなと思っていたので、パンへの興味と米粉が結びつきました。

 

いろいろと今後ご紹介していきますが、まずはこの王道食パンが焼ける本を。食パンを米粉でやけたらいいなと思っていたので、一斤焼けるこのレシピを見つけたときはとてもうれしかった。本当にノングルテンで、もちもちした、でも軽い食感のパンが焼けました。うれしいのは白神こだま酵母を使うこと。白神山地を訪れたときの美しさが忘れられず、あの場所の酵母ならぜひ身体に取り入れたい。

今回はおかゆ種をつかって。小麦のパンのような力を込めたコネは必要なく、静かに淡々と温度に気を付けながら混ぜていきました。

 

f:id:hon-nomushi:20170530102716j:image

カットしてみたところ。言わなければ米粉とわからない?パンが出来上がりました。耳はかりかりで中はふんわり。冷凍もできます。お米だからか、バターをたっぷり塗る気にはならず(合わなかった)、シンプルにトーストして食べるのが良いみたい。のりをのせて食べるのも合いました。ようやく家で作りたいパンが見つかりました。

 

本にはそのほか米粉のうどんなど、様々なレシピがありましたが、やっぱり一押しはこの一斤焼ける食パンレシピです。

 

 

マンガのような読後感 朝井リョウ『星やどりの声』

f:id:hon-nomushi:20170524140637j:image

新聞の書評を見て、装丁に惹かれて手に取った本。はじめてこの作者を知りましたが、一度目にしたら忘れない印象的なタイトル『桐島、部活やめるってよ』と同じ作者だったのですね(こちらは未読)。

 

最初に登場する人物が多く、読み始めは世界に入り込むのに少し苦労しましたが、読み進めていくうちに深くのめり込んで、一気に読んでしまいました。

正真正銘の小説なのですが、主人公たちの表情すら読み取れるかのような文章。まるでマンガを読んでいるような、背景すら具体的に思い起こせる作品。ここまで具体的に想像できる文章の小説は、なかなかないような気がします。そして「あと少しでやめておこう」と思う続きマンガを、一気に読破してしまうのと同じように、途中でやめることができませんでした。世界にはまり、一日ぼーっとしていました。

 

あらすじは海辺の町で四人兄弟+母が、亡くなった父の残した喫茶店を残そうと奮闘する話(かなりはしょっての説明ですが)。さわやかな風も感じるような、完成された世界の作品。季節にぴったりで、今出会えたことがよけいうれしい作品でした。

仕事がテーマでも 喜多川泰『手紙屋』×穂高明『むすびや』

f:id:hon-nomushi:20170522122440j:image

たまたま読んだ本が、就職に関する本でシンクロしていました。せっかくなので2冊同時にご紹介します。

 

喜多川さんの作品は読むたびに背中を押してもらうような、あたたかな力強さを感じます。穂高さんはこのブログでも何度もご紹介していますが、新作は必ず手に取る大好きな作家のお一人です。

 

今回喜多川さんの本を手に取ったのは、ある方のメルマガで名前があがっていたことがきっかけ。急に読み直したくなり、手に取った最初がこの『手紙屋』でした。就職活動に悩む主人公は、行きつけの変わった喫茶店で「手紙屋」という広告を発見。そこから手紙屋との文通を通して、大きく成長していきます。装丁も美しくて、シンプルでまっすぐな言葉がつづられています。とてもすがすがしい。

一方『むすびや』は、就職に失敗して実家のおにぎりやを手伝うようになった少し気の弱い主人公が、自分の失敗をもんもんと抱えながらも、実家のおむすびのすごさに気づいていく物語。丁寧に主人公の気持ちを追ういつもの穂高さんのテイストは変わらず。気の弱い主人公だけれどもつい応援したくなる、温かいまなざしが感じられます。

 

どちらも予期せず同じ就職や仕事というテーマだったので、仕事のことや生き方のこと、たくさんヒントをいただきながら読み進めました。どちらの本でも共通して感じたのは、主人公たちが一人で問題に立ち向かっているようにみえても、実は多くの人に助けられているということ。きっと自分もそうだったろうと思うのですが、そのときは必死で気づけなかったな。

こうして本を通して自分の体験を見ると、もう終わってしまった今だからこそ気づけることがたくさん。たとえテーマが今の自分と離れていても、前を思い返すことでヒントをもらって、今の自分が充実していく気がします。

 

 

今日の片付け ちいさなものを美しいものに

こうして写真にとるとよくわかります。奥のは古かったんですね(笑)。f:id:hon-nomushi:20170425131806j:image

我が家のもえないごみの日は金曜日。

この日に合わせて片づけると、不要なものがすぐにすっきり。ビンなど日常のごみと一緒に、このブックエンドも出しました。手前は無印のもの。これだけはたくさん数があり、家じゅう色々なところで活躍しています。

 

奥のブックエンドも使えないことはないのですが、だいぶ古くなっていたし、見るたびにあまり美しくないなあと思っていたので思い切って変えました。家族のふるいものだから、10年以上選手だったかもしれません。

 

片付けをするとなるとおおきなこと(クローゼットがすっきり!など)をつい目指してしまうもの。でも毎日目にする小さな違和感を解消するだけで、案外快適を実感できるなあと、小さなものを変えて実感しました。

 

ちなみにこのブックエンドは、冷蔵庫から本来の本棚まで、あらゆるところに潜んでいます。すっきりしていて小さいのに、本来の目的をしっかり果たす重さが好きです。

 

 

稼ぐ能力 貯める能力 横山光昭『「お金が貯まらない!」が治る本』

f:id:hon-nomushi:20170516100117j:image

ある方が何かのついでにぼそっとおっしゃった一言。

「お金を稼ぐ能力と貯める能力は別物だと思う。」

しみじみ腑に落ちた一言でした。そこで貯めることについて研究してみようと思い立ちました。

 

稼ぐ方ではなく貯める方に注目したのは、以前林さんのこの本で、収入の多い少ないにかかわらず、収入内で家計を回すのが大切だと書いてあったのを覚えていたからです。

まじめに家計の勉強 林總『正しい家計管理』+『貯まる生活』 - hon-nomushi’s blog

 

この本はタイトル通り、いかにお金を稼ぐかではなくどう使って生活するのかに注目しています。そしてお金が貯まる人の性質が、著者ならではの視点でチェックされています。

ーお金を貯められる人は体系もスリム

ー時間を守る

ー部屋がきれい

など。一見お金に関係がなさそうな項目ですが、実は深く関係があるそう。読んで納得でした。

 

そして年収が高ければ高いほど、貯金が多いわけではないという衝撃の事実も…。「また稼げばいい」「教育費はいくらでも」など、年収の高い人ほど油断して手元の貯金は乏しかったりする実例が載っていました。やっぱり、稼ぐ能力と貯める能力は違うのだなあと実感。

 

さて実践です。わたしの場合は収入が固定ではないので、収入のうち何割かを必ず先取り貯金と決めました。「今よりもっと!」と稼ぐことに注目するのも大切なのかもしれませんが、現在の自分の家計においては、今あるお金の流れを把握し活かすことの方が必要のようです。少しずつ実践して身に着けていきます。