読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hon-nomushi’s blog

読んだ本、大好きな本、そして時々生活のつれづれ

手放すもの 古い時計

家にまつわること+お片付け もの+ストーリー

f:id:hon-nomushi:20161026093716j:image

母が20代のころ使っていた時計。SEIKOの古いモデルです。デザインが気に入って、自分でも修理して20代後半から使っていましたが、どうも本格的に壊れてしまった模様。しばらく放置していましたが、小さなものほど片付いていないと気になるもの。重い腰を再び上げて、デパートの時計修理に見積もりをお願いしてみました。

 

調べていただいた結果、古いのでもう部品がないし、正常に動くようになるかわからないとのこと。たとえ修理をお願いしたとしても、途中で部品がなくなり、キャンセルとなることもあるとのことでした。

 

ここ数年大切にしていたとは言えない時計。修理は難しいようなので、手放すことにしました。今回は壊れているから、ごみになってしまいます。デザインが気に入っていたので悲しいですが、使っていないのでオブジェにしかならない…。

母はもう使っていなかったけれど、長く家にあったものだから、大切にしていたものだったのでしょう。一時でも引き継いで使うことができてよかった、そう思ってさよならをすると少し気持ちが穏やかになりました。

 

バッグのときも思いましたが、

バッグの行方 買い物の失敗談 - hon-nomushi’s blog

ブランドだから、古いから価値があるのではなくて「今、使える状態」であることが価値を生むのだと思いました。