hon-nomushi’s blog

読んだ本、大好きな本、そして時々生活のつれづれ

着ることも本で学ぶ mucco『ケチケチ贅沢主義』

f:id:hon-nomushi:20170413141152j:image

今日はめずらしく「装い」に関する本を。

現実の私を知っている方も読んでくださっているので、ブログに「装い+美しさのこと」というカテゴリーを作るのにすごく抵抗がありました。何となくおしゃれをよく知る方だったり、本当におしゃれが得意でいつも素敵な方だけが、ファッションを語る資格があるような気がして。

 

でも洋服を着ることも、特別なことではなく、実は生活の一部なのですよね。

食べること、住むことと同列に、人は着ることとずっと一緒に生きている。だとしたら「苦手」と切り捨てて考えないようにするのではなく、もっと着ることを自分の味方にしよう、と思ってここ数年を過ごしています。

 

頼りになるのはやっぱり本。雑誌も良いのですが、自分を表現する手段として装いを活用するには、その時期の流行が入りすぎているのです。参考にするためには、長期的な視点で装いについて書かれている本がたよりになります。

 

タイトルにある「ケチケチ」とは、FP(ファイナンシャルプランナー)でもある著者が、普段の生活と切り離さずに、お金も含めたファッション論を展開してくださっていることを表しています。収入の全てを被服費に充てないと素敵な装いが不可能な雑誌の洋服たち。それらはやっぱりある程度の収入や、被服費に重点を置く方に偏っているように感じます。

 

ですがmuccoさんは、「生活の中での被服費」という視点をしっかり保つ必要性を語ってくださっています。おかげで、それまで切り離されていてどう考えてよいかわからなかった、お金と被服費の考え方がとてもクリアになりました。ライフプランの中にある装いという視点、これはなかなか雑誌には載っていない考え方です。

 

そして装いはまさに頭脳戦でもあると思いました。

長期的に大切にしたいものには投資をする⇒そのために予算を組み、貯める

自分に似合うアイテムを知る⇒客観的に自分を知る必要がある

お金の知識、自分への知識、TPOを考えられるやさしさ。

 

こう書くととても難しく感じるけれど、だからこそのチャレンジ。いつか自分のクローゼットすべての洋服が自分を応援してくれるようなアイテムで満たされていることを考えたら、とても幸せだと思うのです。想像するだけでなんだかうれしいゴールが、自分の中で決まりました。

とはいっても、あせらずゆっくり。たくさんの本に助けられながらクローゼットを構築していきます。装いとお金、どちらも学びたい方にぜひおすすめの一冊です。