hon-nomushi’s blog

人生の友になる本、片付け記録や毎日のつれづれ

すべてを1冊のノートに Emi『わたしらしさを知るマイノートのつくりかた』

f:id:hon-nomushi:20180228134617j:image

整理収納の本が大好きなEmiさんの新刊、書くこと研究(?)が大好きなので迷わずタイトルを見て手に取りました。

 

Emiさんは仕事を始めてから、ノートにすべてを書くことにされたそうです。仕事のことだけではなく、日々のことや雑誌で良いと思ったコーディネートもすべて1冊に。お子さんが産まれてからは、お子さんの体調などもすべてメモされているそうです。

 

Emiさんのマイノート、大事なポイントは、

ーとにかく何でも、このノートに書いておく

ー何で良いと思ったのか?自分の感情まで書いておく

ー見直す

ということだと思いました。

 

「何でもここに書いてある」ということは、これさえ見ればわかる、という安心感につながりそう。そしてノートをわざわざ項目で分けないので、ひらめきも心の揺れも「これさえあれば!」遠慮なく書きとめておけます。

「何で良いと思ったのか?」を書いておくことで、自分が見直したときに、その時期の自分の気持ちと向き合うツールになるのです。

そして「見直す」こと。これが一番大切とEmiさんもおっしゃっていましたが、とにかく書きっぱなしにせず見直すことで、自分がその瞬間何を考えて、何を大切にしていたかがわかるからです。

そうして日々積み上げた瞬間を逃さずにいたからこそ、Emiさんは整理収納アドバイザーの範囲を超えてお仕事をされているのだなと思いました。

 

この本の最後に、マイノートに初めて取り組んだ方の実例が掲載されているのですが、それが本当に参考になりました!Emiさんのアドバイスが的を得ていて、「こんな風に日々ノートを生かすのだな」とすごく腑に落ちました。このページがとってもわかりやすかった!

 

Emiさんのマイノートは、何でも受け止めてくれる相棒のような存在。ノートとこんな付き合い方ができるのだなあ。