hon-nomushi’s blog

人生の友になる本、片付け記録や毎日のつれづれ

楽しむ家筋力付け+楽にリサイクル 井田典子『片付けられない人はまずは玄関の靴を数えましょう』

f:id:hon-nomushi:20190531095011j:image

「おしゃれと暮らしの編集室」というWebサイトで、「時間を濁らせない」という言葉と共に紹介されていた1冊が届きました。家事のエキスパートが集まる「友の会」の会員でいらっしゃる著者のおうちは、どこもすっきり。だけれどもどこか親しみもあって、長い時間をかけて大切にされてきた家のありようがとてもよくわかる1冊でした。

 

私がこの本ではっとした言葉、「時間を濁らせない」とは、目の前の1つのことをまずやってから他のことに取り掛かるということ。例えば、お皿を洗いながら洗濯は干さない。お皿を全て洗い終えてから、洗濯に取り掛かる。同時進行のことはなるべくやらずに、目の前の1つのことに集中することで、満足度が変わり結果として用事が早く済むというところです。いつも追われて支度をするような時間を、きっぱり区切って集中することで、満足度も違うということが良くわかりました。

 

もう一つ、はっとしたのはタイトルにあるように、物を量ではなく数で把握すること。靴は何足、トップスは何枚と先に量を決めてしまうことで、管理を楽にする。これもあいまいな片付けにきちんと区切りをつける、わかりやすい目安です。

 

そして忙しい子育て時期に「家筋力」を付けておくと、後が楽になるという一言に救われる思いがしました。筋トレのように毎日限られた時間で、少し(たくさん?)負荷のかかる家事をこなしていたら、いつか楽にできるようになる。そして家族が巣立った後も、その力は必ず自分のためになる、と本を読んで確信が持てました。

 

本を読んでやる気になったので、さっそくリサイクルに出そうと思っていた本の郵送買取サービスを申し込みました。ずっとリサイクルショップに持ち込むために準備していたのですが、お店まで少し距離があることもあり、なかなか実行できずにいました。そんな時ネットで買い取り額がUpするサービスを発見!家に集荷に来てくれるので、あっという間に不用品を家から出すことができました。

 

ちょっと家がすっきり。でももう少しだけ片付けるものがあるので、6月中に片付くよう集中して行うつもり。

f:id:hon-nomushi:20190531095018j:image