hon-nomushi’s blog

読んだ本、大好きな本、そして時々生活のつれづれ

雨の日はミステリー カーリン・イェルハドセン『パパ、ママ、あたし』

f:id:hon-nomushi:20161006092128j:image

我が家のあたり、今日は雨の火曜日。冬に戻ったような気候の時は、北欧発のミステリーが似合います。

 

ミレニアムにはまって以来、

hon-nomushi.hatenablog.com

北欧の作家が書くミステリーを見ると、手に取らずにいられません。この本も、迷わずに図書館で手に取っていました。

 

表紙の平和に眠る子どもと対照的に、中身は本格的なミステリー。殺人事件やあらゆる伏線が複雑に絡み合って、ハラハラしながら読み進めました。特に、表紙の女の子はまだ幼いのに一人家に取り残された模様。ところどころ本線と絡み合う出来事に、翻弄されながら一気に読みました。

 

ミステリー小説は一度読んだらなかなかやめられないのが困ったところ。しっかり世界にはまるには、雨の静かな一日が最適。お天気で合う本を選ぶことができるのは、贅沢な楽しみです。ミステリーなので緊張感もあり、至福のピリッとした読書タイムでした。